• ホーム
  • インポテンツの薬の原料と製薬会社の信頼度

インポテンツの薬の原料と製薬会社の信頼度

2020年03月29日
葉の上にあるカプセル

インポテンツの薬は原料によって3種類に分類されますが、ジェネリック医薬品などにも利用されているので、世界中の製薬会社によって薬の原料が使われていて、現在では日本以外でもインドやアメリカ、ヨーロッパでインポテンツの治療薬が販売されていますが、基本的には原料が同じなので、製薬会社の信頼性によって薬を選択することになります。
一般的にはジェネリック医薬品の正規メーカーから購入すると本物の薬を手に入れることができるので、個人輸入を利用する場合にはメーカーから直接購入をしている業者に依頼をすると製薬会社が製造した本物のインポテンツの薬を手に入れることができます。
ED治療薬として世界で最初に製品化されたのはバイアグラで、短時間で効果が出るので、セックスの直前に服用すると勃起を維持することができます。
この他にはバイアグラと比べて効果は弱いのですが、長時間効果が持続するタイプの薬が開発されて、30時間以上効果が持続することで、世界でも一番人気のある勃起改善薬となっています。
インポテンツの薬は基本的には空腹時に服用するのが良いとされていて、満腹時に服用すると血中濃度が上がらないので、効果が弱くなることがあります。
副作用としては顔のほてりや頭痛が一般的ですが、バイアグラなどの短時間タイプのものは服用した人の9割以上で軽い副作用が見られるとされています。
またインポテンツの薬は併用すると血中濃度が上昇するなどのリスクが高い薬が多いので、注意をしなければなりません。
バイアグラの場合は硝酸剤を用いた薬との併用が禁じられていて、急激に血圧が下がることで意識の低下などの症状が起こります。
この他にも抗真菌剤や抗ウイルス薬との併用が禁じられているインポテンツの薬もあります。
ED治療薬は色々な効果や副作用もあり不安だったりしますが、実際使用した方の体験談をサイトで効果を確認する事が出来ます。
特にED治療薬レトビラは人気も高く体験談も寄せられており、レビトラの体験談を通して、ED治療薬の効果を確認するのも良いでしょう。